読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アキラロク

音楽・ゲームを中心に自分の好きな事を書いています

超人気ラーメン店「中華蕎麦 とみ田」の系列店「松戸富田製麺」の濃厚つけ麺が噂通り至高の一杯だった

ラーメン

移転しました。

f:id:akiratte_boc:20160621012202j:plain

松戸の超人気ラーメン店、中華蕎麦「とみ田」。各種ラーメン・つけ麺のランキングで1位を獲得するなど不動の人気をほこっていますね。その一杯を求め日々行列ができているとか。

今回食べにいったのは松戸富田製麺(ららぽーとTOKYO BAY店)です。本当なら松戸の中華蕎麦「とみ田」を訪れたかったのですがより近場で同じ味が味わえるということでららぽーと店にいきました。

 松戸の中華蕎麦「とみ田」では行列になりすぎて4時間並ぶとかの噂をきいていたのでららぽーとでも相当並ぶ事を覚悟していたのですが、30分程度の待ち時間で入店することができました。お昼時を外していったので、ピーク時はもう少し並ぶかもしれません。

注文は券売機で食券を買って店員さんに渡す方式。並んでいる間にどんどん呼ばれて先に食券を渡していきます。太麺なので茹でるのに時間がかかるためでしょう。

あらかじめ食券を渡して麺を茹でているので席に案内されると5分以内くらいに注文したものが提供されました。

注文したのは「濃厚つけ麺」とサイドメニューの「炙りチャーシュー丼」。

濃厚つけ麺

f:id:akiratte_boc:20160621012202j:plain

ドロッとした濃厚なすスープともっちりどっしりとした太麺がベストマッチ。柚子の爽やかな香りと味が後味をスッキリとさせていくれています。

 こちらのお店の特徴はチャーシュー。豚と鳥の半生チャーシューが1枚ずつ乗っています。このチャーシューどちらも美味し。肉の味わいと半生の触感、口でとろける感じはここでしか味わえないでしょう。

半生が苦手な人は食券を渡す時に店員さんが半生にするか火を通したものにするか聞いてくれるので、そこで火を通したものに変更してもらいましょう。

炙りチャーシュー丼

f:id:akiratte_boc:20160621012208j:plain

火の通ったチャーシューも食べたかったしおなかも空いていたのでチャーシュー丼もつけました。濃厚な醤油だれと炙った香りが食欲を増進させます。ネギと大根おろしでこちらも濃厚ながらクドくなく、ちょうど良いバランスで食べる事が出来ます。

おなかがすいていたらこちらもオススメ。

 

また、連れが頼んでいたのが松戸富田製麺ららぽーとTOKYO BAY店の限定ラーメン「淡麗鶏そば」。

こちらは濃厚つけ麺とは間逆のあっさりしたスープと細麺が特徴的。醤油味と塩味がありますが、あっさりを追求するなら塩味がオススメです。塩の旨みを引きだしたスープが美味い。

チャーシューは濃厚つけ麺と同じで半生の豚と鶏のチャーシューがデフォルトです。苦手な人は注文時に変えてもらいましょう。

 

ららぽーとTOKYO BAYにお越しの際は、ぜひ松戸富田製麺で「濃厚つけ麺」かここでしか味わえない「淡麗鶏そば」を!

あ、これ書いてたら食べたくなってきた・・・w